妊活中・妊娠中のお味噌とお塩について

前回はおしょうゆでした。

まずはご自宅にあるおしょうゆ、
チェックしてみてくださいね!

最後にみそです。
おみそはデトックスにも美容健康にも
とっても万能な調味料です。
おみそは摂るべき味噌とその時間、
この2つがポイントです。

まず、避けた方がいいおみそについて。
お味噌はご存知の通り、発酵食品です。
本物のお味噌には
微生物が存在し生きています。
なので、生きていない味噌は
味噌風味の加工食品になります。

見分け方は
「容器に穴が空いているかどうか」です。
容器に空気孔があるお味噌は
その中で微生物が生きており
呼吸をしている証拠です。

逆に完全に密封してあるお味噌は
本来はお味噌のよさは
取りいれられません。
妊活や健康のために
日常にお味噌を取り入れようとして
インスタントのお味噌汁に頼ってしまうと
味噌の良さはなく
添加物の摂取だけが進んでしまうことも。。。

本当に美味しいお味噌は
味噌にお湯を注ぐだけで美味しくいただけます。
お忙しい方も是非お試しください。
勤務先に冷蔵庫があれば
お気に入りの味噌または手作り味噌を
置いておくといいですね!

※ポイント!
お味噌に熱湯を注ぐと
味噌に含まれる微生物や酵素が死んでしまいます。
まず、お湯を注ぎ、
少し冷ましてからお味噌をとくと、
良さを増すことができますよ!

お味噌を摂るタイミングについて。

「時間栄養学」的に考えると
お味噌や納豆の発酵食品は
夜がオススメです。

夜、22時から午前2時の間に
成長ホルモンが分泌されます。
この時に古い細胞は代謝のために
破壊されていきます。

そして午前2時から6時に
細胞の修復が始まります。
そしてそして6時から10時に
排泄が行われると言われています。

この一連の流れが細胞の代謝と呼ばれ、
そこにたくさんの
酵素や酵素の働きを助ける
補酵素(ミネラル)が必要になります。

夕食に良質なミネラルと酵素を補うことは
この細胞の代謝を助け
デトックスや
アンチエイジング効果に結びつきます。
また、紫外線防御となるビタミン類は
摂取から約12時間後に皮膚に到達し、
紫外線防御の役割を果たします。

活性酸素防御のためには
夕食にビタミンA群、カロチン、
その他抗酸化作用のあるものを
たくさん摂りましょう。

発酵食品は夕食にも
しっかり取り入れたいですネ。

健康においてもデトックスにおいても
「塩」の存在はとても重要です。

人間の体は「水」と「塩」と「ミネラル」
できています。

いいお塩にはいいミネラルが豊富なので
セットで考えていいと言えます。

ってことはいい水といい塩があれば
体のベースは
出来上がるということです。

いいお塩選びの条件はこちらです。

①海水塩であること
②完全天日干しであること
③どこの海水かわかるもの
④ミネラル検査がされているもの
⑤にがりが落とされているもの
(にがりはタンパク質を固める作用があるため避けたいのです)

これらの条件がクリアであれば
どのお塩でもOK!!
スーパーにもたくさんありますよ!!

お塩は体のミネラルを補うほか有害物質の防御やデトックスに
有効です。

いいお塩、選んでくださいね。

妊娠前デトックスラボでもオススメのお塩があります。
1kg、1500円です。

関連記事

  1. 妊活中の日常のお食事について

  2. 妊活中の油の大切さ1

  3. 妊娠に苦労しなかったご夫婦の食生活は作り置きをしない

  4. 妊活中・妊娠中の基本調味料「さしすせそ」

  5. 妊活中のお水の大切さについて(命が育まれていくお水)

  6. 妊活は自分をまるっと受け止めること